永代供養墓について考えておくこと

最近は墓のことで子供や孫に負担をかけたくないまたこれから墓を準備することを考えている子どもがいない墓を継ぐ人がいない家にお骨を持っているなどの理由から個人の墓でなく永代供養墓を考える人が増えてきています。

この永代供養墓は家族や親族に代わりお寺が責任をもって永代にわたり預けられた遺骨の供養と管理をするので死後の心配がなくなるお墓の管理の面倒さを考えなくてよいという点が興味を持たれている理由なのでしょう。

永代供養墓は一般的に他の人と一緒の墓にもしくは同じ納骨堂に合同に葬られます。個人の墓との違いは共同墓ということ以外にいくつかありますが一度料金を払えばその後の費用はほとんどかからないようになっているということがあります。

お寺などの墓地にある墓と違って宗旨宗派は問われませんしこだわらなくても良い点も一般のお墓との大きな違いです。

一口に永代供養墓と言ってもお墓の形式など内容は様々に異なります。



納骨方法や供養内容もいろいろ違いがあるので料金にもかなり差があります。

産経ニュースの情報サイトへお越しください。

運営している団体に相談し中身をよく確かめて自分に合った永代供養墓を選択することが大切です。

明日に役立つ千葉の墓じまいに関する耳より情報です。

墓の行く末が気になるまた自分の墓をどうするかなどについて考えるようになったら永代供養という形の墓を検討してみましょう。


今は考えてなくてもいずれ降りかかってくる墓の問題。

機会を見つけ家族や親族と話し合いより良い選択をするために今から準備を始めることをお勧めします。