散骨の広がりと現代の日本

散骨とは火葬後の焼骨を粉末状にし、海・空・山中等でそのまま撒く葬送方法です。

近年ではこの葬送に関心が高まっています。
関心が高まっている理由は大きく分けて2つあります。まず1つ目に、遺族側の問題、お墓の購入資金が足りない、お墓の後継者がいないという理由です。


これは近年の不況や核家族化、高齢化社会が大きく関わっています。

2つ目に、故人の遺志です。


生前海・空・山に深い思い入れがあり、希望される方も多くいます。

2つ目の理由は個人の選択肢の広がりや、意思の尊重として前向きに捉えられるでしょう。


しかし、1つ目の理由のように散骨の広がりは現代の社会問題を如実に表していることも事実です。

また、葬送の広がりにより新たな問題も浮かび上がっています。
1つ目に、倫理的問題です。


埋葬が一般的である日本では未だ十分に理解されず、散骨に抵抗を示す人も多くいます。
2つ目に周辺住民との問題です。


海・空で行われる際はそれほど問題はありません。

散骨について知りたいならこちらです。

しかし、陸地で行う際、他人の私有地は当然無断で行えず、公有地では取り決めがありません。


また、自己の所有地であっても近隣から苦情が発生するかのうせいがあります。


その結果、散骨に規制を求める声と葬送の自由を求める声とで対立が生じています。高齢化や核家族化が進む現代の日本は散骨の広がりをどう捉えるか、また、どこから規制をもうけるのか、どこまでの自由を認めるのか。

Yahoo!ニュース情報を利用しましょう。

双方が理解し合える折り合いをつけることが求められています。