自然葬と言われる埋葬の方法について

 自然葬とは墓地に埋葬せずに故人を弔う埋葬のことを言います。墓ではなくて、海や山などの自然のサイクルに遺灰を戻していこうというものです、主として行なわれているものには散骨があります。


散骨とは火葬にした後の遺骨を遺灰にして、海や山や川などの故人が希望した自然の場所に遺族が散らすことです。

自然葬のなかでも最近になって注目されているものが「樹木葬」という埋葬の形です。



「樹木葬」は1999年に岩手県一関市の祥雲寺で始まりました。

ジョルダンニュース!の珍しい情報をご紹介しています。

里山を「樹木葬」の土地として整備して、墓石の墓標に替わって植樹をするなどの形で進んできました。


「樹木葬」は自然葬の一形態ですが、散骨とは違って行政の許可を取得した霊園、墓地に遺骨を埋葬するという違いがあります。


「樹木葬」では通常の寺の檀家のような継承者の必要がありません。

跡を継ぐ人がいなくても永代で供養されるので、面倒な心配をすることなく入ることがてきます。
当然に使用料金はかかってくることになりますが、通常の墓にかかる費用と比較するととても格安な料金になっています。

霊園、墓地によっては管理料もかからないなど、費用面からすると低料金で申し込むことができます。



「樹木葬」には大きく分けて里山のタイプと公園のタイプのふたつがあるように、墓地としての性格はそれぞれに異なっています。

それに「樹木葬」も段々に変化してきていて、はじめは霊園内にある樹木の下に合祀するやり方で行なわれてきましたが、最近では個別に埋葬する例も増えてきました。