知っておきたい散骨についての基本情報

散骨とは、海や山などに、細かく砕いた遺骨をまくという葬儀方法のことです。

自分の好きな場所に遺骨をまいて欲しいという故人の希望がある場合や、さまざまな事情によって墓を持つことができない場合などに利用されています。



また、社会状況やライフスタイルの変化などから葬儀への考え方が多様化していることもあり、従来のスタイルとは違った葬儀スタイルの一つとして散骨を選ぶ人も増えていると言われています。

気になる法律については、本来、遺体を埋葬する場所は「埋葬法」によって墓地などに限られているため、それ以外の場所へ埋葬すると遺体遺棄罪に問われてしまいます。

livedoorニュースを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

ただし法務省の散骨に関する見解では、節度を持って行われる限り遺体遺棄罪にはあたらないとされているため、散骨そのものについては違法行為とみなされることはありません。
しかし実際に行う際は、遺骨を粉末化することや、漁場・航路などを避け沖合で行うこと、そして自然に還らないもの(水溶性でないセロハン等)を一緒にまかないことなどのマナーを守る必要があります。

業者が行っている海洋散骨のサービスの種類としては、業者へ委託する(依頼者本人は船に乗らない)「委託タイプ」と、複数の人と合同で船に乗る「合同タイプ」、そして個人で船を貸し切る「個人タイプ」があります。

最低費用の相場としては、委託タイプが5万円程度で、合同タイプが10万円程度、そして個人タイプが25万円程度になります。