永代供養が気になるけどどんなものなのか

近年、経済的な負担を考え合理的な供養を望んだり、残された者への負担を考え永代供養を選択する人が増えてきています。

まず、永代供養とはどのようなものでしょうか。



端的には、合同で葬られ、墓参りの出来ない人に代わって寺社仏閣や法人がその管理を行うというものです。通常のお墓と違い、個人が管理する必要はないほか、墓石を購入する必要がなく、土地使用料も格安になることで経済的な負担が軽くて済みます。

Girls Channelに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、永代供養を行っている団体では、生前の宗教や宗派を問わないことも多いので、探すのが容易です。

管理や供養は受け入れ団体が行いますので残された者に負担がかかりませんし、身内のいない方でも死後にきちんと供養してもらえるという安心感があります。


具体的には、納骨の方法はいくつかあり、納骨堂で一定期間保管後合祀する場合、最初から骨壺から出して土に還す場合など、団体によって取り扱いが異なります。


また、法要については、彼岸やお盆、月命日の供養をするところもありますが、団体によりまちまちです。

料金はどうでしょうか。葬儀とセットで申し込むことで数万円としているところもあれば、高いところでは100万円を超えるところもあります。また、亡くなるまで年会費を徴収する場合や墓石に名前を刻印するのは別料金としている場合、檀家料を徴収する場合もありますので、事前によく確認しておくことが必要です。
契約する前に、合祀場所に何度も足を運び、どのように管理されるか確認しておけば安心できるかもしれません。

神奈川の永代供養情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。